妊娠と仕事

出産するお金がない!貯金ゼロの悩みを誰でも解消できる3つの方法

出産するお金がない!貯金ゼロの悩みを誰でも解消できる3つの方法

妊娠するまでの生活もカツカツで、毎月余裕はほとんどなし。

貯金ゼロのまま赤ちゃんを授かったことで、このままでは「出産するお金がない!」と思うと、絶望的な気持ちになってしまいますよね。

 

私自身、1人目の妊娠中は夫が無職で、頼りになるのは出産手当と育児休業給付金だけという状態。

何をするにもお金のことが気になってしまい、家賃や水道光熱費の引き落としなどがあるたびに、このままでは生活費さえ足りなくなってしまうのではないかと、夜も眠れないような日々を送っていました。

そんな中、出産にかかるお金のことを考えると、絶望的な気持ちにならずにはいられませんでした。

 

でもお金のこと、特に深刻なものほど人には相談しにくいもの。

私は1人で悩むことしかできませんでした。

 

だからこそ、あなたが過去の私と同じような悩みを持っているなら、少しでも手助けをしたいと心から思っています。

そこで、出産するお金がないことに悩むあなたがまず確認すべきこと、そして誰にでもお金を稼ぐことができる方法についてまとめました。

出産費用に悩む前に確認すべきこと

出産費用に悩む前に確認すべきこと

「出産するお金がない!」と不安に感じているなら、まずは実際にどの程度費用がかかるのかを確認することが重要。

ただなんとなくお金がないと思っているだけでは、一体どれだけお金があれば安心して出産することができるのか分かるはずもありません。

まずはいくら足りないのかチェックすることから始めましょう。

妊娠・出産でもらえるお金

妊娠・出産に関する費用には保険がきかず100%自己負担と言っても、過去に比べて、現在では随分と良い環境になっています。

 

そのため、産休をとっても、退職しても、専業主婦でも、健康保険に加入している限りは、等しくもらえるお金があります。

それは、妊婦健診等への補助と出産一時金。

それぞれ詳しくチェックしてみましょう。

妊婦健診等への助成

妊娠確認後14回ほど受診することになる妊婦健診については、あなたが住民票をおいている市区町村より補助を受けることが可能。

どれだけ補助してくれるのかについては各自治体によりますが、健診費用がある程度無料になったり、窓口での支払いが数千円程度に抑えられたりします。

 

ただし、この助成が受けられるのは、各自治体に妊娠届を出して、母子手帳の交付を受けた後の妊婦健診についてのみ。

この妊娠届の提出には、妊娠検査薬によるチェックだけでなく、医療機関等による妊娠の有無に関する確認が必要。

 

つまり、高ければ1万円程度となる最初の健診については、全額自己負担となってしまうのです。

この点には注意が必要。

妊婦健診等に関する助成金を漏れなく受けとる為に、2回目以降の健診前に、忘れずに役所の窓口に妊娠届を提出するようにしてくださいね。

出産育児一時金

出産時の費用については、あなた自身が加入している健康保険より、42万円(産科医療補償制度加入の医療機関以外の場合には40.4万円)を受け取ることが可能。

それも、受け取り方を「直接支払制度」か「代理受取制度」としておけば、健康保険から病院に直接出産一時金が支払われることになる為、退院時に病院の窓口で支払う必要があるのは差額分だけになります。(かかった費用が42万円未満の場合には、もちろん、後日申請により差額分を受け取ることができます)

 

この「直接支払制度」や「代理受取制度」を利用する場合には、事前に病院側との合意が必要。

そのため、退院時にまとまった現金を用意できない場合には、事前に必ず確認して手続きをしておくこと。

 

そうすれば、あなた自身で加入している健康保険に申請を行わなくてもOK。

逆に、医療機関等ではなく、自分で直接受け取りたいという場合には、出産後に加入している健康保険に忘れずに申請を行ってくださいね。

出産までにかかる費用

出産は、一生のうち多くても数回しか経験することのない大イベント。

一体どれくらいお金がかかるのか検討もつかず、不安に感じてしまいますよね。

もらえるお金の次は、必要になるお金をチェックして、実際にどれだけの現金等を準備する必要があるのか確認しておきましょう。

妊婦健診費用

受診する医療機関により費用や検査内容が異なりますが、出産までの妊婦健診費用はだいたい10〜15万円。

そして、妊婦健診等への助成金は自治体によって異なるため7〜12万円と幅があります。
※参考:「妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について」2017年 厚生労働省

その結果、実際に病院で支払う必要があるのは5〜10万円程度が目安となります。

分娩入院費

出産時にかかる費用も、総合病院・個人病院・助産院のどれを選択するかによって異なります。

費用の大小のイメージは、下記の通り。

個人病院 > 総合病院 > 助産院

※参考:「 出産費用 平成28年度 出産費用の全国平均値、中央値」(公社)国民健康保険中央会

 

また、都道府県によっても、最も高い東京都と最も安い島根県では20万円以上の差があるなど、出産費用がどの程度かかるかには大きく開きがあります。

東京都(621,814円) > 全国平均(505,759円) > 鳥取県(396,331円)

※参考:「 出産費用 平成28年度 出産費用の都道府県別平均値、中央値」(公社)国民健康保険中央会

 

そのため、できる限り費用を抑えたいのであれば、自宅と実家のある都道府県のどちらが出産費用の平均が低いのかをチェックし、高齢出産などのリスクの高い状態でないのなら、助産院を選択するというのがベスト。

妊婦健診については、出産する医療機関等での受診が必須ということはありませんので、里帰り出産を選択する場合でも、ギリギリまで自宅近くの医療機関を利用できますよ。

 

最近では、医療機関等のホームページに出産費用の目安が出ている場合が多いので、具体的な費用については、まずインターネットで調べてみて、分からない場合には電話等で問い合わせをしてみてくださいね。

マタニティ・ベビー用品

医療関連の費用の他にも、出産前には、赤ちゃん用品やマタニティ用品を揃える費用が必要となります。

その目安は10〜15万円。

 

でも、どうしても必要となる妊婦健診と分娩入院費とは異なり、マタニティ・ベビー用品については、費用を抑えようと意識すれば抑えられる部分。

必要「かも」しれない程度のものについては、買ってみたものの使わない可能性も高いので、実際に必要になってから買うのがオススメ。

 

また、マタニティ服やマタニティ用下着のような、比較的短い期間しか使用しないのに値段の高いものについては、他のもので代用できないか考えて、どうしても必要と思える場合だけ購入することにしましょう。

「出産のお金がない!」をすぐ解消できる方法

「出産のお金がない!」をすぐ解消できる方法

お金がない悩みを解消するには、お金を稼ぐことが一番。

でも、妊娠中では、ハローワークに行ったところで受け入れてもらえそうな職場もなく、パートやアルバイトの仕事もなかなか見つかりません。

そんな外に出て働くことが難しい妊婦さんでも、すぐにお金を稼げる方法をご紹介しましょう。

いらないものを貸し出す

あなたの手元にあるけど使っていないものを貸し出すだけ。

一度手続きをしてしまえば、あとはほぼ任せきりで、不労所得に近い状態を作ることができますよ。

場所

土地を持っているわけではないし、部屋も余っていないし、貸せるような場所は無いと思っていませんか?

実は、意外なものを貸し出すことができるのです。

室内

空き部屋を貸し出すAirBnBは、TVなどのメディアでも話題になっていたので聞いたことがあるのではないでしょうか。

でも、人の出入りがあることもあり、トラブル対応や受け入れ準備なども含めて考えると、人気のあるエリア以外ではちょっと割りに合わないもの。

そもそも、家が空き部屋があるほど広くないという場合も多いでしょう。

 

でも、全然使っていないクローゼットや部屋の中のちょっとした空きスペースということなら、あなたの家にもあるのではないでしょうか。

そのような場所に、宅急便で送られてきた荷物を預かるだけで収入になるのがモノオク

システム側でカスタマーサポートや保険も準備しているので、安心して始められますよ。

駐車場

駐車場に常に車を停めっぱなしということでなければ、使っていない時間だけ貸し出すことでお金になります。

それは月極駐車場を借りているという場合でも同様。

 

特Pなら、コストゼロ、サイトに登録して写真を撮るだけで、簡単に時間貸しの駐車場経営ができますよ。

車1台分のスペースはなくても、バイクが停められる程度の場所さえあれば登録可能。

金銭のやり取りなど、全てシステム側で行ってくれるので、登録さえできればあとはほったらかしでOKです。

車は所有しているだけで何かとお金がかかるもの。

出産費用のことを考えると、あまり乗っていないし手放してしまった方が良いのではないかという考えが浮かぶこともあるはず。

 

でも、これから出産して、家族の一員に赤ちゃんが加わることを考えると、手元に車があった方が何かと便利なのは間違いありません。

そんな時は、先ほどの駐車場と同様に、使わない時だけAnycaで車を貸し出してお金を稼ぐことを考えてみましょう。

 

Anycaでカーシェアした場合の平均受取金額は月25,000円!

これだけあれば、車の維持費の負担も軽くなりますよね。

バッグ

以前買ったけど、今は全然使っていないブランド物のバッグはありませんか?

捨てるに捨てられずクローゼットに入れっぱなしでは、どんどん痛みが進んで価値が減ってしまうだけ。

 

そんなバッグがあるならラクサスでのレンタルがオススメ。

バッグ1個で最大で年24,000円の収入に。

それだけでなく、預けている期間中はプロによるクリーニングとメンテナンスを受けることができて、万が一の場合にも保証付きです。

いらないものを売る

赤ちゃんの受け入れに向けて、家の中の整理が必要。

この機会に、タンスの肥やしとなっているものは全てお金に変えてしまいましょう。

自分で売る

あなた自身が納得した価格で、フリーマーケットやインターネットで販売する方法。

不用品の数がかなり多いなら、フリーマーケットを利用して、対面で一気に売り切ってしまうのがオススメ。

 

そうでないなら、スマホで撮った画像をアップして商品説明を入力するだけでOKのメルカリを利用しましょう。

壊れたスマホや家電製品のような、自分ではただのゴミと思っているようなものでも売れる可能性があるので、色々と出品してみてくださいね。

買い取ってもらう

自分で商品説明を考えたり、画像をアップしたりするのが面倒というあなたは専門業者に買い取ってもらいましょう。

スマホ、PC、家電、衣類など、それぞれ専門に取り扱っている業者がありますが、とにかく簡単にというのなら、なんでも買い取ってくれるリサイクルネットにまとめて依頼するのがオススメ。

 

手間が少なく簡単ですが、難点を挙げるとすれば、あなたが思っているより安くなってしまう可能性が高いこと。

あなたの納得できる金額でということなら、少し手間でも自分で売った方が良いでしょう。

在宅ワークをする

妊娠中でも、自宅でできる仕事なら働くことも可能。

あまり馴染みがないので知らないだけで、実は色々なお仕事があるのです。

WEB向けの記事作成

時間の自由と稼げるお金の両立ということなら、クラウドソーシングでのWEB向けの記事のライティングで決まり。

「記事を書く」と聞くと、未経験では難しそうと感じてしまいがちですが、少しコツが必要ではあるものの実は誰にでもできるお仕事の一つです。

その上、お仕事を続ければ続けるほどスキルがつき、実績を積み重ねられるので、受注できる仕事の単価もアップ。

 

記事執筆の際に必要となる「コツ」については、初心者向けにマニュアルを完備している発注者が多いのも嬉しいポイント。

私自身も記事ライティングの一部を外注していますが、初心者OKでマニュアル完備という条件で募集を行っています。

 

クラウドソーシングサイトの利用が初めてなら、業界最大手で使いやすいシステムのクラウドワークスにまず登録。

お仕事を探すときは、仕事カテゴリーで「ライティング・記事作成」を選択して、絞り込み条件にある特記事項の「未経験可」にチェックを入れるようにしてくださいね。

 

WEBライティングを極めたいなら、プロからの記事添削も受けられるサグーワークス

記事作成専門サービスなので、しっかり稼ぎたいなら利用してみましょう。

アンケートモニター

とにかく隙間時間で少しでも稼ぎたいというなら、アンケートモニターがオススメ。

現金化が難しいアンケートサイトが多いですが、マクロミルなら案件数も多くて、500円から現金化が可能。

家事の合間や、寝る前のちょっとした時間など、スマホでぽちぽちと回答するだけでお小遣い稼ぎになりますよ。

相談相手

相手がいることなので少し時間が拘束されますが、コミュニケーションが得意なら、特にスキルがなくても、誰かの話し相手や相談相手になるだけでもお金を稼ぐことができます。

ココナラを使えば、サイト内でSNSのような形でやり取りをしたり、電話で直接話を聞いたりということを安全に行うことができます。

さらに月2回出金申請できるタイミングがあるので、手元に早くお金が欲しいという場合にはぴったり。

出産後にはさらに出費が…その不安を取り除くには

出産後にはさらに出費が…その不安を取り除くには

「とりあえず妊娠・出産に関する出費さえ乗り越えられれば…」今はそのような気持ちでしょう。

でも、実際に出産してみると、産後は産後で、こまめに交換が必要になるオムツ代、お宮参りや記念撮影など立て続けにあるイベントの費用、内祝いなどととにかくお金に羽が生えたように感じる状態に。

その一方で、昼夜の区別の無い赤ちゃんがいることで、お金を稼ぐことが妊娠中よりさらに難しくなってしまいます。

 

この産後のお金に対する不安も解消したいのなら、妊娠中からお金を稼ぐ仕組みづくりを行う以外ありません。

その方法とは、インターネット上にブログを立ち上げて、アクセスを集めて、アフィリエイト収入を得ること。

 

ネットビジネスなんて難しそうと思うかもしれませんが、プログラミングの技術が必要なんていうことは全くなく、パソコンとインターネット環境さえあれあ誰でも始められます。

そして、正しい方法で続けさえすれば、あなたのブログは、毎月ほぼ自動的にお金を稼いでくれる資産になってくれますよ。

まとめ

貯金ゼロで出産するお金がないという悩みを解決した幸せな母親

「貯金ゼロで、出産するお金がない!」と悩む前に、あなたが今できることを一つずつやってみましょう。

それは、

  1. 妊娠・出産でもらえるお金とかかる費用を確認すること
  2. 今すぐお金を稼げる方法を試すこと
  3. 出産後に向けてお金を稼ぐ仕組みづくりを行うこと

の3つ。

そうすれば、妊娠・出産の費用に不安を感じる必要はなくなり、出産後も穏やかな気持ちで子育てに向かうことができるようになりますよ。

 

ブログランキングに登録しています。 下のボタンをクリックして、応援をお願いします! にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ